藤井風はハーフで英語がペラペラ?勉強法は父親からの英才教育か!

藤井風

シンガーソングライターの藤井風(ふじいかぜ)さん。

人気急上昇中な藤井風さんですが、英語がとてもお上手ネイティブ並みなんだそうです!

見た目的にも、掘りは深めで鼻が高いので、ハーフなのでは?ともささやかれています。

そこで今回は、藤井風はハーフで英語がペラペラ?勉強法は父親からの英才教育か!と題して、藤井風邪さんはハーフなのか?なんで英語がペラペラなのかについて調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

藤井風はハーフなの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujii Kaze(@fujiikaze)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujii Kaze(@fujiikaze)がシェアした投稿

まず初めに結論から申しますが、藤井風さんはハーフではありません!

目鼻立ちがはっきりしているので、そう思われても不思議ではないですよね!

藤井風さんは岡山県の出身です。2019年に上京しているのですが、それまでは岡山に住んでいたようです。歌の中には、岡山弁の歌詞もたくさん出てきますので、地元が大好きなんでしょうね。

ここで簡単に藤井風さんのプロフィールをご紹介しますね!

まずお名前の藤井風(ふじいかぜ)は本名です!珍しいお名前ですよね!

風を『ふう』と読み間違えてしまいそうですが、藤井さんは風(かぜ)さんです!

1997年6月14日生まれのB型です。

ご両親も生粋の日本人で、インスタやTwitterではたびたびご家族のお写真もアップされています▼

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujii Kaze(@fujiikaze)がシェアした投稿

▲藤井さんにはご兄弟がいらっしゃるのですが、空さん、海さん、陸さん、そして風さんの4人兄弟なんですよ!自然にちなんだお名前で兄妹で統一感があって素敵ですね!

スポンサーリンク

藤井風は英語がペラペラ!動画で確認!

藤井風さんは歌は、歌唱力がすごく人を惹きつけるようなパワーがあります。

そして、歌や歌詞だけでなく、英語がネイティブすぎる!と話題になるほどなんです。

藤井風さんのYouTubeチャンネルでは英語のカバー曲もたくさんアップされているので見ていきましょう!

>>>YouTubeチャンネル『Fujii Kaze』へ行く

ただ英語の歌が歌えるだけでなく、なんと自己紹介まで出来てしまうのです!

動画のコメントにも英語が目立つので、日常会話は問題なくできるレベルなんだと思います!

さらにこちらの動画は岡山弁の字幕がつくという驚き!

英語と岡山弁のコラボなんて聞いたことないですよね!これはさらに人気が出そうな感じがしますね!

藤井風の英語の勉強法は父親からの英才教育か!

父親の英才教育|継続することの大切さ

ではなぜ、岡山育ちの生粋の日本人の藤井風さんがこんなにも英語ペラペラなのかというと、お父様の影響が大きいのだとか!

藤井風さんの父親は『これからの時代は英語が大事になってくる!』と感じていたそうで、3歳の頃から英語と楽器を教えてきました。

洋楽も邦楽問わず、またポップス、演歌などジャンルも問わず、たくさんの曲を聴いて育ちました。

藤井風さんの実家は喫茶店を経営しており、そこにあるピアノで練習していくうちに、耳コピができるようになり、メキメキと上達していきます。

▲11年前、中学生でこれは驚きですね!

耳がいいことで、英語の上達も早かったのでしょう。

つまり、特に習い事をしていたわけではないのです!

音楽も英語も『好き』だった藤井風さんは、とくに辞めたいと思ったことはないと話します。

『好きこそ上手なれ』の精神が大事だとラジオで話されていました。

諦めずにしっかりと継続する、スポーツでも勉強でも仕事でも、なんに対しても継続したひとだけが成功していますよね!

小さなころからしっかりと生活の中で身につけた『継続』がカギのようにも思えますね。

父親の英才教育|人に見られることで向上

『これからはYouTubeの時代だ!』という父親の考えで、中学生の頃から喫茶店のピアノで弾いた曲をYouTubeにアップしてきました。

自分自身でただひたすら練習していても上達すると思いますが、YouTubeにアップすることで、次はこうしよう!もっとこうした!見る人に喜んでもらいたい!といった、向上心が芽生えたことで、さらにレベルアップしてきたのではないでしょうか?

インプット→アウトプット→インプット→アウトプット・・・

この繰り返しがピアノも英語も上達していったコツではないでしょうか!

藤井風はハーフで英語がペラペラ?勉強法は父親からの英才教育か!まとめ

藤井風さんはハーフではなく生粋の岡山人!ということがわかりました。

抜群の歌唱力だけでなく、英語がペラペラな理由は父親から生活の中で教え込まれた英才教育でした。

3歳の頃から、楽器、英語に触れ合わせる

洋楽・邦楽や、ポップス・演歌などありとあらゆるジャンルを聞かせる

常に継続できるように、生活の中にとりくむ

ピアノ動画をYouTubeにアップする

常に人に見られることにより向上心がうまれる

継続は力なり!好きこそものの上手なれ!精神が大事!

英語の時代だ!YouTubeの時代だ!と感じることができたお父様すごいですね!

これからの藤井風さんにも注目ですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

耳コピピアニストのハラミちゃんについても記事にしていますので、ぜひあわせてご覧ください!

スポンサーリンク