黒木瞳の実家は黒木町で両親は裕福?先祖は豊臣秀吉と関係あるあの人!

黒木瞳

元宝塚歌劇団であり、大女優の黒木瞳さん

黒木瞳さんのような女優さんになりたいです、と多くの方から尊敬されていますよね。

そんな黒木瞳さんですが、ご実家がかなり裕福みたいなんです。さらに先祖には、豊臣秀吉に近しい方がいらっしゃるようですよ!

そこで今回は、黒木瞳の実家は黒木町で両親は裕福?先祖は豊臣秀吉と関係あるあの人!と題してお届けしていきたいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

黒木瞳の実家は黒木町で両親は裕福?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hitomi Kuroki(@hitomikofficial)がシェアした投稿

黒木瞳さん、いつ見てもお綺麗ですよね!!

黒木瞳さんは、福岡県黒木町のご出身で、その地名にちなんで『黒木瞳』という芸名になったそうですよ。(今現在は、福岡県八女市の一部になっています。)

家族は、父親、母親、兄、姉、兄の6人家族で、黒木瞳さんは末っ子だったんです。

年齢のせいかもしれませんが、全然末っ子キャラな感じはしませんね。

一部では、市議会議員や町会議員では?という噂もあるようですが、こちらは違うようです。

母親は地元で大衆食堂を切り盛りしており、地元でも評判の美人おかみさんでした。

このことから、黒木瞳さんのご両親は裕福なのではないかといわれております。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hitomi Kuroki(@hitomikofficial)がシェアした投稿

実際、黒木瞳さんは宝塚音楽学校へ通われているので、普通のサラリーマン世帯よりは裕福なのは間違いないと思います!

スポンサーリンク

黒木瞳の先祖は豊臣秀吉と関係あるあの人!

黒木瞳さんのご先祖様には、豊臣秀吉の九州平定の際に、秀吉より代官に任命された『樋口実長』がいるんです。

父親の実父の実家である樋口家は、樋口実長の末裔だったのです。

父親の実父の実家である樋口家は、豊臣秀吉の九州平定の際に、秀吉より代官に任命された樋口実長(元は星野を治めていて、九州平定でこの地を追放された星野氏の家老だった)の末裔で、当地で帯刀を許され庄屋などの要職をやっていたが、黒木の曽祖父の代に金山開発に失敗して一族は没落し離散。黒木の祖父は西新で文人墨客などを顧客に持つ茶葉店を商う事になり順風満帆だったが、黒木の父の姉が3歳の時に腸チフスに罹り、それを看病したために感染して親子そろって死去。残された黒木の祖母は幼い黒木の父を連れて黒木に帰って食堂を開き、地元の博労の男性と再婚した。

引用:ウィキペディア

黒木瞳の実家は黒木町で両親は裕福?先祖は豊臣秀吉と関係あるあの人!のまとめ

いつ見てもお綺麗な黒木瞳さん。

驚くことに、年齢は60歳!!(2020年10月で60歳になられました)

こんな美しい60歳いますか?!と疑いたくなってしまいますね。

これからのご活躍も期待しております。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク