聖火リレーを辞退した芸能人まとめ!辞退の理由と今後の予想【2021】

聖火リレーの芸能人の辞退が続いていますね!

オリンピック・パラリンピックも開催されるのかについても議論がされていますが、聖火ランナーを辞退するという異例の事態が起こっています。

2021年2月3日、一番最初に辞退を発表したのは、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんでしたね。

この時はだいぶ騒がれましたが、その後は次々と辞退を発表する方が出てきました。

そこで今回は、聖火リレーを辞退した芸能人まとめ!事態の理由と今後の予想と題して、お届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

聖火リレーを辞退した芸能人まとめ!

現在、辞退を発表した芸能人の方々はこちらです。

2020年3月23日 川澄奈穂美(サッカー選手)

ー2021年ー

2月3日 田村淳(タレント)

2月11日 藤井聡太二冠(棋士)

2月26日 五木ひろし(歌手)

2月26日 常盤貴子(女優)

2月26日 玉城ティナ(歌手)

2月26日 田知本遥(リオオリンピック柔道金メダリスト)

2月27日 斎藤工(俳優)

スポンサーリンク

聖火リレーを辞退した芸能人まとめ!辞退の理由は?

サッカー選手である川澄奈穂美さんは、去年コロナが流行りだした2020年3月に発表しています。

『米国在住の為移動時にリスクが高いこと、自分が感染しない・感染源にならないこと、チームやファンの方々に迷惑をかけないことなどを考慮し決断しました。』とTwitterに投稿していました。

ロンドンブーツの田村淳さんが辞退をした理由は、大会組織委員会の森会長の「どんなことがあっても五輪をやります」などの発言に納得が出来なかったためと、YouTubeチャンネルで投稿されています。

>>>ロンドンブーツ田村淳さんのYouTubeチャンネル

藤井聡太二冠が辞退した理由は、『将棋のタイトルを獲得し、これまで以上に将棋に向き合う必要があるため』だということです。

森会長が女性蔑視と取れる発言をしたこととは関係がないということです。

大御所である五木ひろしさんは『スケジュールの都合のため』と辞退を発表しました。

そのあとを追うように、『スケジュールの都合が合わないため』と続々と辞退を発表しました。

五木ひろしさんが『スケジュールの都合が』と大人な対応をしたから、これからどんどん続くのでは・・・

ともささやかれています。

聖火リレーを今後辞退しそうな芸能人は?

聖火ランナーに参加予定の方は、芸能界からは俳優の石原さとみさん、綾瀬はるかさん、菅田将暉さん、香川照之さんで、スポーツ界からは読売巨人軍監督の原 辰徳さん、大相撲の横綱・白鵬関です。

この流れですと、まだまだ辞退を発表しそうですよね。

聖火リレーを辞退した芸能人まとめ!辞退の理由と今後の予想【2021】のまとめ

国民の多くが、オリンピック開催には反対してるという異常事態です。

なかば強行突破されそうなオリンピックに、参加したくない!と思うことはなんら不思議ではありませんよね。

今まで聖火リレーを辞退するなんてなかったでしょう。

むしろ辞退したら非難が上がっていたでしょうが、いまでは辞退したことにより、好感度も上がっていきます。

このような状態では、聖火リレーに参加するメリットはないように感じますね。

今後も何か発表があれば追記していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク